海外FXの出金にSTICPAY - FXメタ
海外FXの出金にSTICPAY

運営事務局

こんにちは。
「FX比較メタ」運営事務局の()でございます
今回お届けする記事は「海外FXの出金にSTICPAY」です。ではどうぞ!


海外FXの各社が対応しているSTICPAY

STICPAYとは境界のないグローバルな電子財布サービスの事です。

海外FXを行う上では、アカウントを持つ事をオススメできるサービスです。

STICPAYアカウントがあれば、送金/受取人がどこに居ても1分以内でスピーディーに完了いたします。

また、STICPAYアカウント作成後にSTICPAYカードも作れば世界のATMで使えます。

海外FX会社からアカウントに移動した資金の出金の際は、海外銀行送金ではなく、国内銀行送金でも対応してくれるので手数料を安く抑える事が可能なんです。

 

でも・・なんで?

と思うでしょう!

海外銀行から出金するのになんで国内送金できるのか。

それはSTICPAYの提携したパートナー会社があるため、そちらの国内銀行口座から送金をしてくれるんです。

ちなみに下記が海外銀行送金と国内銀行送金の違いをまとめた図です。

上記のように手数料ならびに日数に大きな違いがあります。

昔であれば日数に関して言えば、出金指示から1週間後に入金なんてざらにありましたから本当に便利になりました。

 

アカウントを実際に作ってみよう

登録はいたって簡単です。

STICPAYのHP右上の会員登録から入力していくだけです。

【STICPAYの公式HPはコチラ

ここで注意してほしいのは全てがローマ字入力です。

上記記載の最後に署名がありますが、そこもローマ字ですのでご注意ください。

署名後、上記を送信しますと画面が変わり下記が表示されます。

 

このまま「アカウントへログイン」します。

 

まずはじめに2段階認証の設定を行います。

私は電話番号を選択しました。

電話番号を入力し登録しますとSMSでコード番号が送られてきますので、2段階認証の設定はそちらを入力して完了です。

続いて「アカウント」に入りますと下記画面になります。

この時点で右中央のアカウント「作成」・居住証明書「未設定」・身分証明書「未設定」となっております。

 

 

ここから左カテゴリーの「書類」をクリックし各証明書のアップロードを行います。

アップロードが完了しますと「未設定」から「待機中」にかわります。

 

 

アップロードから1時間程度でメールが届きアカウントが承認されました。

 

 

これでSTICPAYのアカウント作成は完了です。

作成は簡単ですので是非アカウントの取得をオススメいたします。

【STICPAYの公式HPはコチラ

 

現在STICPAYに対応している海外FX業者等








関連記事はこちらです


  • ページトップへ戻る
    ページトップへ戻る